イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのtwitter
  • ロンドン留学センターのfacebook
  • ロンドン留学センターのinstagram
  • ロンドン留学センターのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

コロナに関するQ&Aまとめ(イギリス)
Column

イギリスのコロナに関するQ&Aまとめ

こちらのQ&Aコーナーでは新型コロナウィルスに関するに関する皆様からいただく質問にお答えしています。

コロナ以外の基本的なQ&Aはこちらからご確認くださいませ。

YMSに関するご質問はこちらからご確認くださいませ。


現在のイギリスの学校の様子はどうですか?いつくらい日常に戻ると思いますか?

現在はロックダウン中により全てがオンライン授業に切り替わっています。2021年3月8日から対面の授業に戻ります。現在はどの学校も少人数での授業になっていますが、大規模学校は元々の人数が多いため(ピーク時は500人~600人ほどいる学校もあります)、全体的な生徒の人数が減ったとしてもそれほど人が少ないと感じることはありません。逆に小規模校の場合はかなりアットホームな雰囲気で授業を受けられるので、ご自身のペースを崩したくない方には良いかもしれません。

コロナ前と比べて求人状況はどうですか?

ロックダウンや営業規制により、レストラン、バー、ホテルなど接客業が一番打撃を受けており、求人の数はコロナ前と比較すると減っています。イギリスでは秋までに全国民にワクチンを接種させる予定なので、夏、秋以降に求人が増える可能性があります。オフィス系の求人に関しては現在も募集をかけているところもありますし、特にIT等の業種に関しては現在人が足りていないところもあるようです。

イギリスへの入国はできるの?

留学生とビザ所有者(YMSを含む)は入国できます。(2021年1月現在)


既にイギリスへ入国したのですが、どうしたらいいですか?

既にイギリスへ入国している方は、退避勧告が出ていませんので、帰国する必要はありません。しかし現在ロックダウンため規則に従い、不要不急な外出は避けてください。また、外出の際は、2メートルの距離を保ち人との接触を極力避け、帰宅時は、手洗いを必ず行いましょう。(2021年1月現在)

※コロナウィルスは、感染していて無症状の場合でも、他者への感染リスクがあります。

少しでも体調の悪い方は、GP(かかりつけ医)に行く前に、NHS111へ現在の症状などをお知らせいただきますようお願いいたします。

語学学校へは通学できますか?

3月8日以降、対面の授業が開始されます。現在はオンラインでの受講となります。(※語学学校によってはオンラインコースを実施していない場合がございます)(2021年2月現在)

渡航の延期はできますか?

延期のお手続・手数料に関して、時期や学校・プログラム・滞在先により異なります。
担当のカウンセラーまでご相談ください。

いつ渡航したらいいですか?

現在、2021年1月時点では、コロナウイルスもおける制限がいつまで続くか目途が立っておりません。
ご渡航時期に関して、担当のカウンセラーまでご相談下さい。(2021年1月現在)

早期帰国を考えています。どのような手続きが必要ですか?

学校やご滞在先のキャンセルに関しては、内容が異なるため担当カウンセラーへご相談ください。

その他、航空券の変更、携帯電話や銀行口座の解約、保険の契約期間の変更、帰国届の提出などのお手続きが必要となります。

航空券変更に関して、ご利用の旅行会社や航空会社へお問い合わせください。

銀行口座の解約については、ご利用の銀行機関により方法が異なります。銀行へご確認をお願いいたします。

携帯電話に関しまして、Pay as you goのSIMをご利用の方は、翌月支払いをしない限り使用不可になります。銀行口座から自動でTop upの設定を行っている場合は、設定を解除してください。詳細に関しては、ご利用のキャリアにお問合せください。

早期帰国により保険終了日が変更となる場合、保険料の返金が可能な場合もございますので、ご利用の保険会社にご確認ください。

在留届を書面で日本国大使館、日本国総領事館に提出した方は、在留届を提出した在外公館に直接お問合せください。オンラインで提出した方は、こちらより手続きが可能です。

日本帰国後に気を付けることはありますか?

2020年12月26日より、英国から日本へ入国される方に対して、検疫が強化されました。
従来のの14日間の自己隔離や、公共交通機関が使用できないこと、入国時のPCR検査に加え、入国時の検査結果が陰性の場合であっても検疫所が確保する宿泊施設にて待機し、入国後3日目に改めて検査を行い、陰性と判断された場合は、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の自宅等での待機を求めます。
また、英国の出国前72時間以内の検査証明書の提出が求められます。帰国に際しては、十分にご注意ください。
詳細は下記をご覧ください。(2021年1月現在)

※空港からの移動は、自家用車やレンタカーをご手配ください。
※これまで同様、移動やホテル滞在費など自己隔離に関わる費用は実費となります。

その他、ご質問がございましたら弊社までご相談をくださいませ。