イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのtwitter
  • ロンドン留学センターのfacebook
  • ロンドン留学センターのinstagram
  • ロンドン留学センターのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

Easter – イースターって?
Column


こんにちは!ロンドン留学センターです!今回はイベントなどで一度は耳にしたことあるけど、いまいち何なのかわからない『イースター』について由来などをご紹介したいと思います!

Content

イースターとは?


日本ではあまり馴染みのないイースターですが、キリスト教の間ではクリスマスと同様に大切にされています。イースターを日本語にすると「復活祭」となり、『イエス・キリストの復活を祝う日』です。イエスが弟子のユダの裏切りにより十字架にかけられたのが金曜日「グッドフライデー(聖なる金曜日)」、キリストが復活したとされる3日後の日曜日が「イースターサンデー₍復活祭₎」翌日の月曜は「イースターマンデー」と呼ばれ、祝日の少ないイギリスにとっては両日祝日、うれしい連休になります!イースターは毎年必ず春分の日のすぐあとの満月の次の日曜日となっているため、毎年日付の変わる移動祝日です。

イースターでは何をするの?

・エッグハント
イースターの期間中にエッグハントなどのゲームを家族で楽しむのがイギリスでは一般的です。やり方はとてもカンタン!大人があらかじめ庭など家のあちこちに卵を模したカラフルなチョコレートを隠しておき、それを子供たちが探すという遊びです^^イギリスでは各家庭だけではなく、幼稚園のイベントとして開催されることもあります!
・エッグロール
こちらはイギリスの中でも北部の地域で行われているゲームです。その名の通り『卵ころがし』。芝生の上で卵をひたすら転がし、勝敗を競います。大人も子供も関係なく、早く転がした人の勝ち!単純明快でわかりやすいゲームですね^^

試して頂きたいホットクロスバン!

次にぜひ紹介したいのは、イースターに食べられる伝統的なパン、ホットクロスバン(Hot cross bun)です!こちらは、復活祭の前のグッドフライデーの朝食に食べられます。ちぎりパンのような見た目で上部にクロスの模様が描かれている菓子パンです。中の生地にはドライフルーツが練りこまれており、スパイスがほんのり効いていて食欲をそそります。。

ホットクロスバンの歴史
もともとは1361年に修道士のThomas Rociffeがグッドフライデーに貧しい人々にクロス(十字架)の描かれたパンを配ったことが起源とされています。
また、グッドフライデーに焼いたホットクロスバンを食べると幸運をもたらし、魔除けになるとも言われているそうです。

伝統的かつとってもおいしいホットクロスバンの食べ方は以下の通りです。
1.半分に薄くスライス
2.トースターでお好みの焼き色まで焼く
3.バターを塗って完成^^
とっても簡単でおいしいです!

 

まとめ

いかがでしたか?
毎年イースターの1-2か月ほど前から、どのスーパーへ行ってもイースター一色!たくさんの様々なチョコレートやグッズが並びます。普段とは違う雰囲気はとても新鮮で見ているだけで楽しいです^^

ぜひイギリスに渡航された際には、春の訪れと共にイースターの期間を楽しんでみてください♪