イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのtwitter
  • ロンドン留学センターのfacebook
  • ロンドン留学センターのinstagram
  • ロンドン留学センターのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

Victoria School of Englishへ学校見学に行ってきました!
Column

教会に隣接していて面白い造りの学校【Victoria School of English】の一般英語コース(インターミディエイトレベル)の授業を見学してきましたので、ご紹介します!

 

学校紹介

Sloane Square駅から徒歩2分、Victoria駅から徒歩7分の場所にあります。小さな中庭があり、2番目の青いドアが入口になります。入口から数段降りたワンフロアのみとこぢんまりしている校舎のラウンジには、PCやウォーターサーバーが設置されています。生徒さんの国籍はトルコ、ロシア、中東、中国、ヨーロッパ各国で、ハイシーズンが過ぎた今、約60人ほどが通学されています。校長のジルさんは生徒の顔と名前、国籍は把握しているとおっしゃっていました。先生方もフレンドリーでとてもアットホームな雰囲気の学校です。




授業内容

今回見学をさせていただいたクラスには9人の生徒さんがおり、そのうち3人が日本の生徒さんでした。他にはトルコ、ロシア、中東、中国、ペルー、スーダンと国際色豊かなクラスでした。日本人の生徒さんは全体の少数とのことでしたが、現在は、ローシーズンのため4つのクラスに縮小していることから、同国籍の生徒さんが同じクラスにいたのかもしれません。

授業のテーマは『スポーツ』で、こちらの語学学校ではスピーキングとボキャブラリーを中心に授業展開をしています。
まず最初に宿題の答え合わせから授業が始まりました。答え合わせの後、前回習った単語の発音の復習などを確認します。先生が多くの生徒に質問を投げかけながら授業は進んでいきます。次に、2人1組のペアになって、「自分の好きなスポーツ、自分の地元、国のスポーツ事情」について話し合います。この時、教科書に載っている質問項目を参考に、「どのくらいそのスポーツを続けているか、自分の地元にはどのようなスポーツ施設があるか」など交互に発言します。その後に、クラス全体で、どのような意見が出たか意見交換をし、最後に『ゲーリック』や『ハーリング』とは何か先生がクラス全体に投げかけをしました。クラスでもこれらの言葉を知っている生徒が少なかったため、先生はオンライン辞書で言葉の意味を英語で調べるように指示をしました。ちなみに、ハーリックとはホッケーのような、またラクロスのようなアイルランドの国技だそうです。

新しく習う単語を英語で調べ、どのような意味か説明をするというのは、リーディングやスピーキング能力も上がりますし覚えやすいので、非常に効率的な作業だと感じました。
授業では、教科書を使用していますがロールプレイングの参考にする程度で、授業の大半は教科書を使用せず、ディスカッションをしています。1レッスンは、1時間半で長めに設定をされているので会話重視で学びたい方におすすめの学校です。
15分の休憩の後は同じ教室に戻り、今の続きをするようでした。(※写真は今回参加したクラスではありません)




体験感想

スピーキングを中心にしている授業だけに、発音をきちんと確認しますし、ディスカッションの時間が多く、先生も生徒もたくさん発言しますが、活気があるというよりどこか落ち着いた印象を受けました。ホワイトボードは少し小さめなので、消していくスピードが早く、授業の進み具合が早いように感じますが、特に重要な点はゆっくり丁寧に教えてくれます。今回、過去分詞形をおさらいしたのですが、図を書いて時系列を説明し、この場合は過去形になるのか過去分詞形がいいのか一人ひとりに質問し、きちんと理解しているか確認していました。
教室に時計はなく、『クラスに持ち込んで良い飲料は水のみ』といったクラスルームも貼られており、ストイックに勉学に励めます。勉強はストイックに、休憩時間や学校の行事にはめいっぱい楽しむといった、オンオフを大切にしている方には良い環境だと感じました。




校舎と設備

  • ラウンジ

  • ラウンジのウォーターサーバーなど

  • 掲示板





その他

学校の行事で、夏にはスポーツデイやピクニックデイがあります。その際のBBQ等のランチは学校が用意をしてくれるだけでなく、無料です。学校全体の行事ですので生徒皆さんが参加されますし、たくさんの友人ができるチャンスです。他にもたくさんのアクティビティがあり、ほとんどは無料で参加ができます。例えば美術館などの入館料は掛からず、アクティビティに参加ができます。
私が見学へ行った際の学校の掲示板には、日本と韓国の情報が貼られていました。先週はイタリアとスペインに関しての情報が掲示されていたそうで、その国出身の生徒さんが作成しているようです。お昼時間になるとサンドイッチなど軽食を売りに来る方がいますが、学校の周りにもカフェがたくさんあり、そこで昼食をとる人も多いです。
また、冒頭で述べたように校舎の造りがとても面白く、教室の中に次の教室のドアがあり奥へと続いています。その為、授業に遅刻すると大変です。奥へ進んだその先には、人ひとりがやっと通れる細い螺旋階段があり、途中のドアを開けた先は教会と繋がっており、きれいなステンドガラスを見ることができます。さらに上へ進むと小さな部屋があり、その部屋を使って授業をすることもあるそうです。その教室はハリーポッターの映画に出てきそうな雰囲気があります。(※イメージは上記写真)
Victoria School of Englishは味のある学校だと思います。授業の開始、終了時のベルは校長先生が鳴らしていたり、建物は少々古いですがその分イギリス様式でイギリスに留学に来ているんだ、と実感できるかと思います。最新の設備が整ったモダンな校舎にはない良さがあります。先生方や他のスタッフの方々もフレンドリーで、ハロウィンやクリスマスなどの行事もたくさん行っており、アットホームな雰囲気が好きな方はVictoria School of Englishがおすすめです。
  • スポーツデイ

  • スポーツデイランチ

  • シーズンイベント