イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのtwitter
  • ロンドン留学センターのfacebook
  • ロンドン留学センターのinstagram
  • ロンドン留学センターのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

ロンドン生活にかかる費用は!?
Column

みなさん、こんにちは!

今回はこれからロンドンに住む方必見!!

リアルに1か月生活すると生活費がいくらかかるのか、ロンドンに住むスタッフの例を用いて紹介します。

今後渡英を検討されている方の費用の目安として、この記事を活用して頂ければと思います(^^)v


Content

渡英前にするべきことは?


現在渡英を考えている方の中には、いくらお金を貯めていけばいいのかわからず不安な方もいらっしゃるかと思います。

では、いくら貯めてから渡英するべきか?!

答えは、「いくらあっても足りない!」です。笑

ロンドンで生活していると、ついついショッピングをしてしまいますし、アクティビティを楽しもうとするとチケットは観光客価格なので一回の出費も大きいです。

そして、友達ができてパブに行ったり外食が増えたりするとお金はいくらあっても足りません。

最低でも渡英後2カ月は家を探す必要もありますし、環境に慣れるまで時間がかかります。

そのため、渡英前には最低2か月分の生活費を準備しておくことをおすすめします。

具体的な金額に関しては、語学学校費抜きで考えても、家賃などを含めれば一か月約20万円があれば問題なく生活していけるかと思います。

また、語学学校やホームステイの費用は、パック割や早割等を使える可能性もあるので、日本にいるうちにチェックして、お得に支払っておくことも一つの手かもしれません。

お金の所持方法


イギリスでは現金を使う機会は滅多にありません。ほとんどの支払いはカードです。

むしろカードのみしか受け付けていないお店があったり、飲食店では席のバーコードを読み取って携帯からの決済をしたりなどが一般的です。

そのため、日本から渡英する際に、直近で現金を使用する必要がない場合は、1~2万円の換金で問題ないかと思います。

その後に現金が必要になった場合は、ATM から簡単に引き出すことができるので安心してください。

ただし、ごく稀に小さいお店やマーケットでは現金のみの支払しかできない場合もあります。

なのでお財布には常にお守りとして数ポンド紙幣を入れておくことをおすすめします。

また、家賃も場所によっては現金で支払う可能性もあるので、そこはしっかり確認しておきましょう。

スタッフの生活費の例

ここからは、実際にロンドンに住む現地スタッフ2名が経験していた、一か月の生活費について紹介します!

スタッフAさん
月曜日から金曜日まで週5日間、語学学校に通い勉強をしていました。
食事は主に自炊をしており、週に1~2回ほど友人達と外食やアクティビティを楽しんでいました。




語学学校費 £ 1,200
家賃(光熱費含) £ 600
食費 £ 70
雑費 £ 30
交通費(zone1 から zone2) £ 100
交際費(外食費含) £ 170
通信費 £ 10
合計 £ 2,180 ( 327,000 円 )  ※£1 = 150円で計算






スタッフBさん

語学学校へは通わず、現地のレストランにて週5日勤務(賄いつき)。休日の食事は自炊と外食の両方でした。
勤務後は社交の場を広げるため、毎日パブに通っていました。




語学学校費
家賃(光熱費含) £500(光熱費込み)
食費 £30
雑費 £50
交通費(zone1 から zone2) £100
交際費(外食費含) £700
通信費 £10
合計  £1390  (208,500円) ※£1 = 150円で計算





例として、AさんとBさん、対照的な2人の生活費を見て頂きました。

スタッフAさんは、語学留学ワーホリ初心者の方の生活に近いと思います。

一方でスタッフBさんは、ワーホリ数回目であったり、日本で既に社会人を経験した方の生活に近いかと思います。

とはいえ、上記はあくまでも参考ですので、ロンドンでの暮らし方は本当に人それぞれです。

是非ご自身でもどう生活していくかイメージしてみて下さいね。

節約するには?


まずは無料で出来ることを楽しむことが一番大切です。

ロンドンには大英博物館やナショナル・ギャラリーなど、数多くの有名な美術館、博物館が沢山ありますが、そのほとんどが無料です。

館内は広いので、一日中居ても回りきらないほどです。そのため、お金を使うことなくゆっくりと時間を過ごすことが出来ます。

また、ミートアップに参加するのも良いかもしれません。ピクニックやお散歩など、いろんな人と交流もできて、無料のイベントも沢山ありますよ。

また、生活している中で一番高いと感じる出費は、外食費です。レストランで一品食べようと思うと、平均でも£10以上になります。そこにお酒を飲むのであれば、さらに約£6追加されます。

量は食べきれないほど多いのですが、その分一回の食費がどうしても高くなってしまいます。

そのため、ロンドンで節約するなら、自炊を多くすることをおすすめします。

ロンドンにはリドルやアイスランドなどの安いスーパーがあります。実際に日本と比較しても、驚きの安さです。

例としては、玉ねぎ1kgで60p、鳥もも肉650gも£3、美味しいボトルワインだって£3から買えちゃいます!

賢く情報を得て生活すれば、ロンドンでの1か月1万円生活も夢じゃないかもしれませんよ!

まとめ

今回は生活費ついて、記事にしてみました。

最初に書いたように、ロンドンは美味しい多国籍料理、楽しいアトラクション、かわいい雑貨屋さんが数多くあるので、お金はいくらあっても足りません。

ですが、先にも記載したように有益な情報を得たり、無駄な出費を無くしたりすることで、生活費を抑えることが出来ます。

もちろんその中でも十分にロンドン生活を楽しむことは出来るはずです。

この記事が、渡英をお考えの方の参考に少しでもなれば嬉しいです♪