イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのtwitter
  • ロンドン留学センターのfacebook
  • ロンドン留学センターのinstagram
  • ロンドン留学センターのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

※更新【新型コロナウイルス】イギリス/ロンドンコロナ状況
Information

イギリスの最新コロナ情報

*更新日:2021.07.19*
こちらのページではイギリスの新型コロナウイルスに関する情報を更新しております。
コロナに対する対策や今後の方針などについてを記載しております。入国時のルールも記載しておりますので、渡英前に必ずご確認をお願いいたします。

7月12日にイギリス政府より7/19の緩和策の発表がありました

【ソーシャルディスタンス】
・ソーシャルディスタンスや集まる人数の制限が解除
・マスク着用の義務がなくなりますが、交通機関などの混雑する地域ではマスク着用を推奨

【イベントや集会】
・結婚式や葬儀などイベントに参加可能な人数の制限を解除
・ナイトクラブなどの休業中だったお店の再開が可能
・パブ、レストランも制限なく通常営業が可能

【旅行】
・NHSが投与するワクチンを2回接種した人はアンバーリストから帰国した際の隔離が免除(日本でワクチンを接種した場合は対象外のため隔離必須です)
・アンバーリスト国への渡航を控えるという勧告も解除。
・18歳未満の子供はイングランドに帰国する際に自己隔離をする必要は無くなりますが、以下のとおり年齢によって対応が異なる点があります。
  4歳以下の子:引き続き全ての渡航検査が免除
  5歳から10歳の子:帰国後2日目検査のみ必要
  11歳から17歳の子:出国前検査及び帰国後2日目検査の両方が必要

上記の内容で7/19に制限が解除されました。

制限は大幅に解除されましたが、

・電車内などの混雑時マスクの着用を推奨
・症状がある際は検査を受けて自己隔離をすること
・NHSのアプリを登録して濃厚接触の通知が来た際は指示に従うこと

などの条件は引き続き続きます。

8月16日以降、ワクチンを2回接種した方は陽性者を接触した後でも自己隔離が不要となります。
ただし、PCR検査を早急に受ける必要はあります。

ワクチンを2回接種後も陽性となった場合は、隔離が必要となります。

イギリス政府の公式サイトはこちら

NHS 111のサイト

少しでも体調の悪い方は、GP(かかりつけ医)へ行く前に、下記ページより簡単なアンケートにご回答ください。
こちらで、今後の診断等についてアドバイスを受けることができます。
NHS 111 online:https://111.nhs.uk/
テストキットなどの質問を含むコロナに関する一般的なお問い合わせは119にお電話下さい。
重い症状がある方は111にお電話下さい。
コロナ以外の緊急医療が必要な場合は999にお電話下さい。

政府の新型コロナウイルスに関するサイト
https://www.gov.uk/coronavirus
Content

イギリスでの新コロナウィルスによる影響について

留学生の渡英状況

・現在、イギリスへの留学は可能です。

学校の再開状況(語学学校を含む)

・ほとんどの学校が対面授業を行っています。一部オンライン授業の学校もございますのでお問い合わせ下さい。

イギリス入国可能条件

・渡英日より3日以内のPCR陰性証明の提出
⇒金曜日に渡英の場合、火曜~木曜の陰性証明が必要
下記リンクよりお住まい地区の医療機関にて陰性証明を頂いてください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-jihikensa_00001.html

・トラベルテストパッケージの購入
⇒・トラベルテストパッケージの費用は£210(クレジットカード払い)
・渡英後2日目と8日目にコロナのテストを受診
・渡航前までに2日目と8日目に受診するトラベルテストパッケージを予約&支払い
https://quarantinehotels.ctmportal.co.uk/Quarantine/Home.aspx

・Passenger Locator Formの提出
⇒・渡英日の48時間に英国政府のHPにてPassenger Locator Formの提出が義務付け。
・自己隔離の滞在先詳細を入力
・購入したトラベルテストパッケージの参照番号を入力して提出。
https://provide-journey-contact-details.homeoffice.gov.uk/passengerLocatorFormUserAccountHolderQuestion
※Passenger Formに虚偽の報告をした場合は最大£10,000の罰金もしくは10年の懲役。

・10日間の自己隔離
⇒・日本からの渡英の際は10日間の隔離(入国日の翌日から換算して10日間なので実質11日間)が必要。
3/1に渡英した場合、3/11まで。10日間の自己隔離中は外出一切禁止。
食料品などの買い出しは同居人に頼むか、デリバリー、NHSのボランティアに依頼すること。)(2021年3月時点)
※自己隔離違反者は最大£10,000の罰金

※虚偽申告や自己隔離違反者はは最大£10,000の罰金もしくは10年の懲役

詳細は英国GOVをご覧ください。

 

10日間の隔離に関して(11日間隔離パッケージ)

ロンドン留学センタ―では女性限定の寮にて、11日間(11泊12日)の隔離を行うことも可能です。

詳しくはこちら10日間隔離パッケージをご覧ください。

 

マスクの着用

・公共交通機関でのマスク着用は義務。※違反罰金の可能性あり
・スーパーなどの店内は必須。

イギリス出国可能国

5月17日以降のそれぞれの国を3つのクラスに分別し、イングランドへ入国する際のルールがクラスごとによって異なります。
※日本は現在2のアンバーリスト国です。

1.レッドリスト国
イングランド入国前10日以内にレッドリストに掲載された国・地域に滞在していた場合は、次のルールに従う必要がある。また、レッドリスト国からは、英国籍又はアイルランド国籍を持つ者、英国に在留資格を持つ者以外は英国への入国は禁止される。
(1)入国前に実施すべきこと
・Passenger Locator Formの提出
・新型コロナウイルス検査の受検(陰性証明書の取得、空港で提示)
・入国後の2回(2日目以前と8日目以降)の検査を含む隔離ホテルパッケージの予約
(2)入国後に実施すべきこと
・政府指定ホテルでの隔離及び2回の検査受検

2.アンバーリスト国(日本は現在こちらです。)2021年5月12日時点
イングランド入国前10日以内にアンバーリストに掲載された国・地域に滞在していた場合は、次のルールに従う必要がある。
(1)入国前に実施すべきこと
・Passenger Locator Formの提出
・新型コロナウイルス検査の受検(陰性証明書の取得、空港で提示)
・入国後の2回(2日目以前と8日目以降)の検査予約
(2)入国後に実施すべきこと
・自宅や滞在場所での10日間の隔離
・2回の検査受検(任意により、自己隔離の早期終了のための検査制度Test to Releaseを利用可能その場合も2回のテストキットは購入、受検の必要あり)

3.グリーンリスト国
イングランド入国前10日以内にグリーンリストに掲載された国・地域のみに滞在していた場合は、次のルールに従う必要がある。
(1)入国前に実施すべきこと
・Passenger Locator Formの提出
・新型コロナウイルス検査の受検(陰性証明書の取得、空港で提示)
・入国後の1回(2日目以内)の検査予約
(2)入国後に実施すべきこと(原則として隔離不要)
・検査受検(入国後2日目以内)

4.アンバーリスト国又はレッドリスト国でのトランジット
イングランド入国前の10日間に滞在または通過(トランジット)した最もリスクの高い国に対するルールが適用されることになっており、トランジットの場合は以下のケースが適用される。
(1)途中から新たな乗客が乗り込み、接触可能な状況にある場合
(2)本人もしくは他の乗客が乗っていた交通機関を降り、他の人々と接触可能になった後、再び搭乗する場合

※アンバーリスト国またはレッドリスト国へはレジャー目的で渡航してはならない。

現地の状況(レストラン等)

・下記のイギリスの今後のコロナに対する政策・体制(ロードマップ)をご覧ください。
・2週間ごとに見直しが行われます。

ワクチン接種の状況

・現在は18歳以上が対象です。(2021年7月13日現在)
・GPから連絡がきますので登録をお願いします。
・1回目接種後、8~12週間後に2回目のワクチンが接種可能です。

 

イギリスと日本の入国前に必要なこと(PCR陰性証明など)

入国前・入国時に必要なこと


 

日本→英国へのPCR陰性証明基準

英国へ入国に際して、すべての入国者は、入国前3日以内に受検した新型コロナウイルス感染症の陰性検査証明書を提出する必要があります。
(最新の措置に関して随時変更される場合がございます。2021年3月22日更新)

受検者自身で検査機関を見つけ、次の基準を満たしている必要があります。以下の基準を満たすか否かは、受検者自身が検査機関に確認してください。
・100,000copies/mlを超えるウイルス量(viral loads)において、特異度97%以上、感度80%以上であること。
上記の検査方法には、PCR検査を含む核酸検査、LAMP法を含むその派生技術、あるいは、ラテラル・フロー・デバイスでの検査等の抗原検査が含まれます。

又、検査証明書は、英語、仏語またはスペイン語で作成された原本を提示しなければならず、他言語からの翻訳は不可。また、検査結果は物理的に印刷された書類、または、自身の携帯電話からEメールまたはテキストメッセージにより提示すること。検査証明書に必要となる情報は以下の通り。
・パスポートと一致する氏名
・生年月日または年齢
・検査結果
・検体採取日または検査機関の検体受領日
・検査機関の名称及び連絡先
・検査方法の名称(PCR検査など)

新型コロナウイルスのPCR検査についてオンラインで対応しているクリニックもあります。

にしたんクリニックの公式サイトはこちら

上記のクリニックでは検査の結果を電子データで受け取ることができます。

詳しくはクリニックサイト内でご確認ください。

 

最新の措置に関しては随時、英国政府のHPでご確認お願い致します。
Coronavirus (COVID-19) testing before you travel to England

英国→日本へのPCR陰性証明基準

日本へ帰国・入国に際して、日本国籍者を含むすべての入国者は、滞在先国・地域において搭乗するフライトの出発72時間前以降に新型コロナウイルス検査を受ける必要があり、その検査証明書は日本政府が求める基準を満たしている必要があります。

(最新の措置に関して随時変更される場合がございます。2021年7月22日更新)

ヒースロー空港ではExpress Test社が既に営業を開始しており、7月30日(金)以降はヒースロー空港における唯一の検査機関となります。
Express Test社の公式サイトはこちら

Express Test社によれば、数時間で検査結果が判明するLAMP検査の導入を予定しているものの、その時期は未定とのことであり、ヒースロー空港において日本政府の求める基準を満たす同社の検査方法は、現在PCR検査のみとなっています。

Express Tes社ウェブサイトによると、PCR検査は、検査を行った当日に検査証明書は発行されず、検査翌日の午後10時までに検査証明書を発行するとのことであり(最大48時間を要することもあり)、同社のPCR検査を利用される場合は、十分な時間的余裕を見ておく必要があります。

なお、Express Tes社は、現在のところ、日本政府の所定フォーマットへの記入は行っておらず、Express Tes社独自の検査証明書が発行されますが、その記載内容については日本政府が求める基準を満たしており、任意フォーマットとして使用できるものとされています。

現在、在英国日本大使館よりExpress Test社に対して、LAMP検査の早期導入を要請中です。

 

誓約書については、下記リンクよりダウンロードをお願い致します。

指定のフォーマットはこちら
誓約書のダウンロードはこちら
質問表はこちら
その他にも入国時スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用・質問票の確認がございます。
最新の措置に関しては随時、厚生労働省のHPでご確認お願い致します。水際対策に係る新たな措置について

イギリスのロードマップについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<3/8からの新たなルール STEP1>
【教育】・学校・大学にて対面授業の開始
【交流】・同居人以外一人まで野外でのエクササイズ可能/室内は同居人のみ
【旅行】・自宅にいること/海外旅行不可

<3/29からの新たなルール STEP1>
【教育】・学校・大学にて対面授業の継続
【交流】・2世帯6人まで野外での交流可能/室内は同居人のみ
【仕事・アクティビティ】・野外でのスポーツ・レジャー施設可能
【旅行】・国内旅行の最小限の旅行可能/海外旅行不可

<4/12からの新たなルール STEP2>
【教育】・学校・大学にて対面授業の継続
【交流】・2世帯6人まで野外での交流可能継続/室内は同居人のみ継続
【仕事・アクティビティ】・すべての販売店と図書館など公共施設とジム営業開始/野外でのスポーツ・レジャー施設可能/屋外のホスピタリティ(レストランなど)営業開始/大人と子ども混合で15名まで
【旅行】・国内旅行の宿泊を伴った旅行開始(同居人のみ)/海外旅行不可

<5/17からの新たなルール STEP3>一部再検討あり
【教育】・学校・大学にて対面授業の継続
【交流】・30人まで野外での交流可能/2世帯6人まで室内での交流可能(予定)
【仕事・アクティビティ】・室内のホスピタリティ(レストランなど)営業開始/室内の娯楽施設の営業開始
【旅行】・国内旅行の宿泊を伴った旅行開始/海外旅行の開始(予定)
【行事】・室内のイベント(1000名までor許容数の50%まで)/屋外の着席イベント(10000名までor許容数の25%まで)/室内のその他イベント(4000名までor許容数の50%まで)

<6/21からの新たなルール STEP4>全て再検討あり ⇒ 7/19に延長
【教育】・学校・大学にて対面授業の継続(予定)
【交流】・制限なし(予定)
【仕事・アクティビティ】・すべてのビジネスの継続(予定)
【旅行】・国内旅行の宿泊を伴った旅行継続/海外旅行継続(予定)
【行事】・大規模イベント可能(予定)

 

 

新型コロナウィルスに関連した質問について

ロンドン留学センターでは、新型コロナウィルスに関連したご質問をたくさんいただいております。

よくいただく質問をおまとめしたコラムがございますので、是非ご参考にしてみてください。

 

コロナ禍でもイギリスに入国可能なビザ一覧

ビザの種類 滞在期間 入国可否 ビザ取得条件
ビザ不要

(観光ビザ)
6ヶ月未満 入国時に必要書類の提示
短期学生ビザ
学生ビザ
6ヶ月以上 事前に申請が必要
YMSビザ 2年間 年2回の抽選

6ヶ月未満の短期留学

・観光ビザとして入国が出来ます。
・念のため入学許可証をお持ちください。
・滞在ができるのは入国から6か月以内になります。

6ヶ月以上の長期留学

・学校からの入学許可証が必要です。
・滞在資金を証明する必要があります。
・帰りの航空券は必須ではありません(購入資金の証明は必要)。

YMSビザ

・18歳から30歳までの方対象
・最長2年間の滞在・就労許可。
・募集人数は1000人 ⇒ 2021年度は1500人に増員
・年2回行われる抽選にて当選する必要があります。(2021年度は第1回、第2回ともに終了しました)
その他のビザについて詳しくはこちらをご参考下さい。
 

【イギリス語学学校】再開予定に関する情報

現在のイギリスの語学学校開校状況をまとめてあります。

ロンドンに留学する方、学校の様子が気になっている方必見!!

コロナ禍の留学生体験談

コロナ禍でロンドンに留学している方にインタビューをさせて頂きました。

今後、ロンドンに留学する方、現在渡英するか迷っている方必見!!

コロナ禍のイギリス留学も弊社にお任せください!!