イギリス留学・ロンドン留学・ワーキングホリデーはロンドン留学センター

  • ロンドン留学センターのtwitter
  • ロンドン留学センターのfacebook
  • ロンドン留学センターのinstagram
  • ロンドン留学センターのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    受付時間/10時~19時
  • ロンドンオフィス
    TEL+44-20-7387-4685
    受付時間(UK時間) 10時~18時(月~金)

ホームステイ・寮滞在どちらがいい??滞在先比較!
Column

留学をする際に悩むことのひとつが滞在先の選択だと思います。
・ホームステイ/寮での生活ってどんなの?
・エリアやホームステイ先は選べるの?
・食事は?シャワーは?日本からは何を持って来るべき?
・イギリスのホームステイの実情を知りたい!・・・

など、たくさんのご質問をいただきます。
そこで今回はホームステイ滞在と寮滞在をはじめとした様々な滞在方法について分かりやすく解説します!

Content

ホームステイ


イギリスの一般家庭に滞在します。ホームステイは現地の家族との共同生活を通してその国の文化を経験する機会として、留学生に大変人気の滞在方法となっております。
はじめての留学の方や、渡航後新しいお家が見つかるまでの滞在先として最初にホームステイを選ぶ方がたくさんいらっしゃいます。
イギリスは多国籍国家の為、世界中から集まった様々なバックグラウンドを持つ人たちが暮らしています。基本的には子どもやペット・アレルギーの有無・喫煙可否等は事前にリクエストが可能です。
学校によっては、滞在先のエリアをリクエストすることができる場合もありますが、食事の好き嫌いやホストファミリーの国籍・人種指定は出来ません。
ホームステイの滞在先は、お申込済の場合でも、渡英約1~2週間前の直前に決定することが殆どです、予めご了承下さいませ。

ご家庭によっては、ハウスルールを設定しており、内容もお家により様々です。
例)門限、食事時間、入浴時間、洗濯機の使用回数制限など
中には『想像していた生活と違った・・・。〇〇してもらえなかった。』という話も聞きますが、ファミリーの暮らしにお邪魔して暮らす以上、そのご家庭のルールに従い、ご家族の生活を尊重した上で、違いを楽しむということを忘れないで下さいね。

一方、ホームステイ先と合わなかった・意思疎通が出来ずトラブルが起きてしまった等の事例もございます。そのような場合でも、語学学校には学校スタッフに相談できる環境が整っており、親身に相談に乗ってもらえますのでご安心下さい。

メリット

・家に帰っても英語環境に身を置くことが出来る
・基本、朝食や夕食がプランに含まれており自炊の必要がない
・現地の家族と一緒に暮らすことで、外国の文化を学ぶことが出来る

デメリット

・稀に家族との生活習慣や食事が合わない場合がある(手配先に相談すれば滞在先変更可能な場合があります)
・シェアフラットよりは高額
・子供やペットの有無やアレルギー等ある程度の要望は出せるが、滞在先のエリアや家族の国籍等のリクエストは出来ないことがほとんど

ホームステイ滞在と並び、大変人気なのが学生寮での滞在です。
ホームステイ滞在よりも費用が高くなりますが、自室が確保される為、プライバシーを保ちたい方におすすめです。また同じ寮に滞在している生徒と交流をする時間が作りやすいです。
食事は、食事付き寮でない場合にはご自身で準備していただく必要があります。寮のお部屋のタイプも様々なオプションがあり、キッチン等の設備が他の寮生と共有になる場合や、キッチン・バストイレ付きのお部屋の場合もございます。
※通年人気の為、空室がなくご希望に沿えない場合がございます。寮滞在をご希望の場合、早めにお問い合わせ下さいませ。

自社ロンドンアパートハウス
自社管理の日本人女性専用アパートハウスがございます。はじめての留学の方、ホームステイに抵抗がある方、家では日本語で安心して過ごしたい方におススメです!

メリット

・バストイレキッチンが個別のシングル・エンスイートに滞在の場合、プライベート空間が確保される
・キッチン付の場合、自炊が出来るため食費の節約及び自分の口に合う食事を食べることが出来る
・同じ寮に住む友達が出来る可能性がある
・ホームステイと違い、申込時に住所が確定する

デメリット

・バストイレキッチンが共有の場合、他の住居者に気を使わなければならない場合がある
・ホームステイより費用が高額になる
・食事付きでない場合、自分で食事を用意する必要がある

シェアフラット

他滞在方法に比べると、もっとも費用を抑えられることから、長期留学やYMSで渡航する方が一番選択する滞在方法です。
ホームステイや寮と異なり、いい物件があれば大家にアポイントメントを取り見学をします。そのため大家やフラットメイトとコミュニケーションをとれる程度の英語力は必須となります。契約前にルールや内装をよくチェックした上で契約をしないと、後々大家やフラットメイトとのトラブルを招く原因となるので注意が必要です。

お部屋探しの注意点は下記コラムも参考にしてみてください。
ロンドンでの物件の探し方や相場について
お家探しの参考に!ロンドン市内エリア紹介

メリット

・家賃を抑えれば、もっとも滞在費を抑えられる
・事前に見学した上で契約出来るため、エリア・家賃・内装ともに自分の希望に合った家を見つけられる
・ホームステイや寮に比べると自由度が高い滞在方法のひとつ

デメリット

・自力でお部屋探しをする必要があるため、ある程度の英語力が必要
・フラットメイトや大家と合わなかった場合、トラブルが発生することもある

滞在型留学

教師宅ホームステイ
英語教師のお家に滞在しながら付きっ切りで英語を学べるプログラムです。
学校に通う必要がない為、交通費の節約になります。

STAY CLUB
滞在先とクラスルームが同じ建物の中にある施設で、安心して勉強に集中でき、施設も比較的設備がよく快適に過ごせます。
教師宅ホームステイ同様、通う必要がないので交通費の節約にもなります。

まとめ

教室 いかがでしたか?
本記事が少しでも滞在先の決定に役立ちましたら幸いです。
滞在先に迷われている場合、大きめの都市でのご留学を検討されると選択肢が広がりますよ。